-フローレス パッション-

「毎日楽しいの為に」 Flawless Passion

HMM ブレードライガー 【作製② 改造編】 HMM Blade Liger [WIP 2 – Modifications]

HMM ブレードライガーの作製の続きです。前回は素組みまででした。塗装に入りたいと思っていましたが、気になるところが数ヶ所ありました。やってみたいこともあるので、今回はちょっと色んなパーツをいじって改造してみました。まずは頭からを見てみましょう。

アニメの設定ではブレードライガーのキャノピーはオレンジの一色ですが、HMMデザインではバイザーの周りに白い枠が付いています。HMMブレードライガーAB バン仕様の公式画像でもその枠を無視て無塗装のままですね。私はどうしても気になるので、モールドを消します。ついでにキャノピーのクリアパーツを半透明化します。

まずはヤスリスティックを使ってモールドを削って落とします。キズがかなり入っていましたので1000番の紙ヤスリでヤスリがけしたらフラットのトップコートを吹きました。

結果はこうなりました。うむ、想像以上にカッコイイ!やっぱゾイドのキャノピーってこんな感じが一番印象に近いですよね!

それでは次の作業は釘やピンのメタルパーツで各所をディテールアップしようと思います。

特に足にはボルトのディテールがたくさんあります。目立つ所でもあるので、メタルパーツ化したらカッコよくなると思います。

モールドを切り落としたらピンバイスで適当のサイズの穴を開けば、釘は簡単に付けます。緩いの場合は瞬間接着剤でも使えば問題ないですが、後で塗装するので今は穴だけを開いていく作業になります。足だけではなく、ボディにもボルトのディテールがあるので、それらもこのようにメタル化の準備をしています。

背中のブースターの装甲もメタルメッシュでディテールアップする予定です。穴を開いて塗装後に瞬間接着剤で接着します。裏側は見えないので問題ないです。

こちらはレーザーブレードとパルスレーザーガンという武器です。映っているのはブレード展開している状態です。どう説明すればいいかよく分からないので改造前後をご覧ください。

上が改造前で下が改造後です。マイナーですが、それでも気になった所です。


続いてレーザーブレード保持アームのジョイントですが、グレイのフレーム部分と青いアームの形状が合わなかったので形状が変えました。謎の四角の穴も埋めています。

ブレードライガー全体の各場所に適当なパーツを開口しています。上に映っているパーツは後ろの足の付け根の部分です。他にも足とかブースターの小さい丸モールドは開口しています。

最後はテールユニットです。尻尾のパーツはこんな感じになっています。ポージングするには各パーツをぐるぐると回転し角度をつけます。

無改造のままだと可動はかなり限られてるので、テールごとワイヤーに切り替えます。ワイヤーに文字がありますが、黒く塗装すればいいことです。

元のパーツは改造してワイヤーに付けます。まずピンを切り落とし、パーツを分解します。後はワイヤーが通れるように穴を開けばいいですね。

言葉だけじゃ簡単のように聞こえますが結構時間が掛かりました!サイズ的にも形状的にも上手く持ってなくてドリルしにくいでした。

大きい方のパーツには凹モールドがあります。それらを開口すれば中を通るワイヤーが自然に色分けをしてくれます。

せっかくですしテールユニットに装備する「3Dデュアルセンサー」もちょっと弄ってみよう。同じくワイヤーが通れるように加工します。

できました!これで改造したい部分のほとんどが完了しています。後は塗装だけですね。

コメント Comments
プラモ製作記に戻る Back to Plamo WIP Log
Advertisements